Rechercher

Quiet Diary


昔から即興演奏が好きだった。歌いながら好き勝手に延々やるのだ。間違えたり変な音を出してしまうとそれをいかにまことしやかな音にするか咄嗟に考えて進んでいくのが面白かった。Macで作るようになってから何度も聴き直せるのでその度に直す癖がどんどん強くなり建築的に作っていくほうにハマってしまった。 何度もスケッチをやり直し、作り直し、歌も仮歌から本歌へいく前にそれぞれのトラックも綺麗に整頓し、さて本歌はProToolsに全部ステムで移動してから、とガッチガッチなやり方で作っている。そして編集も綺麗にノイズも全部とり、さてマスタリング。、。とやっていると本当はどうでもいい細部にこだわるのがけっこう楽しくて延々やり続けてしまう。最初に作り始めたのは3年前?5年前?とかだったり。その間Mac壊れたりファイルなくしたり、。新しいソフトに移行したり、。この調子だと死ぬまでやり続けてしまうんじゃ、、と、そういうことなんだろうと思う。 それとは別に弾き語りスケッチは趣味でずっとやっている。マイクも画面前のAKGのC451Bで録音してる。 これだと細くて画面が見えるからだ。​​本来シンバルとかの録音用に最適なのだがこれがけっこういい声のシャリっと感が録音できて気に入ってる。​​しかし即興曲は作りっぱなしなのでどこにそのファイルがあるかはわからない。私は極端にファイルの整理整頓が苦手であっという間にデスクトップが得体のしれないファイルで埋め尽くされる。そしてたまに嫌気がさしてドサっと捨ててしまうがその前にたまにクリックして聞いてみると「え、、今作ってるのよりいいんじゃ?」と焦る。なんなら作ったその場で公開してけばなくさないよね、、と「0315」から始めたのを続けることにした。曲名の数字はそのまんま作った日付です。 それとは別にガッチガチなアルバムも作りましたので近日中にお知らせしますぞ、と。 ジャケットの写真は中村一弘さん。「Psalm」やEnsemble Planeta「Choral」の絵画的で印象的なジャケを撮ってくれた人です。ファッション系の写真が多い中村さんですがライフワークのInstagramの写真が素敵でとても詩的なので触発されます。

Posts récents

Voir tout

住んだことのない実家

先月末、脳梗塞から入院してた父があっけなく他界してしまった。2週間の入院だった。コロナ時期なので全く病室に入れず、担当医師ともLINEで会話したりと、ひしひしとこの時期の辛さを思い知った。 よく、ご両親は音楽関係ですか?と聞かれるが父は全く音楽と縁がなく普通の(いやちょっと変わっているか?)の人だった。何度も父母は離婚してるので自分と一緒のときがやや分断されるのだが、一緒のときは自転車のパンクから

  • White SoundCloud Icon
  • SoundCloud - White Circle
  • SoundCloud - Grey Circle
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
nahoko-kakiage
kakiage works
Eccentric opera